住宅ローンの強い味方

紙幣

ローン返済が安定している

いつかは自分たち家族にとって理想の城となるマイホームを購入したいと考えている家庭は多いといわれています。マイホームの購入は人生で最も高額な買い物になるといわれており、大半の家庭は住宅ローンを利用して購入することとなります。住宅ローンの金利タイプには固定金利型と変動金利型があり、それぞれに一長一短があります。一般的に変動金利型の方が借入時点の金利は低く設定されていますが、将来の金利変動リスクを負うことになります。一方、フラット35に代表される固定金利型は、市場金利が変動しても借入時点の金利が将来にわたって継続するので途中で返済額が上がらないという安心感があります。フラット35のような固定金利で借りた場合でも繰り上げ返済は可能ですので、フラット35の名称通り必ずしも35年かけて返済する必要はありません。変動金利型で借入をし、金利上昇局面では固定金利型に借り換えをするという方法もあります。しかし、必ずしも将来に向けての金利の動向を見通せるわけではありませんし、借り換えには一定の手数料がかかることが一般的です。また、年齢や収入によっては借り換えたいと思っても金融機関の審査が通らないという可能性もあります。そのため、安定して住宅ローンを返済していきたいのであれば最初からフラット35のような長期固定型の住宅ローンを利用するか、変動金利で借りる場合でも借り換えは意識せず、出来るだけ早期に繰り上げ返済をしていくのがよいと思われます。

Copyright© 2018 ネットキャッシングの情報を確認【簡単に申し込み可能】 All Rights Reserved.