投資セミナーでうんと満足できる運用テクニック|好かれる手順

Real estate

運用をする為に

安全性か収益性か

一億円という現金を運用するということは、現金を元手に収益を上げて資産を増やすことと、現金を減らさないように安全な物品に替えておくことの2つの意味があります。もし、これから直ちに一億円を運用開始するとしたら、どうするのが良いのでしょうか。 一億円で何かを買ってモノとして置いておくか、安全な場所へしまいこむといった運用があります。 まず、収益性を求めるか、安全性を求めるかの戦略を決定する必要があります。収益性を求めるということは、ハイリターンを追求するということとイコールです。「ハイリスク・ハイリターン」の言葉通り、リスクの高い運用となります。 一方、安全性を求めるということは、「ローリスク・ローリターン」戦略です。リスクゼロのものというのは世の中にはありませんが、その中から出来るだけリスクの高い「モノ」に一億円を託す戦略をとります。

何かを買うか、預けるか

ローリスク戦略の最たるものは、預金です。その中でも最も安全なのは、最も金利の低い普通預金です。普通預金はいつでも引き出すことができます。定期預金のように満期がくるまで手も足もでなくなる危険性もありません。 リスク要因としては銀行が破綻したり、不正アクセスで盗まれるといったことがあります。自分自身で下ろして使ってしまうのもリスクです。 ハイリスク戦略の最たるものは、レバレッジ取引です。株の信用取引、商品先物、FXなど、現金以上の金融商品が購入できてしまいます。リターンが得られれば莫大ですが、損失が出れば限度がありません。 現実的には、リスクを抑えてリターンの出来るだけ得られるものに投資して運用します。値上がりが期待出来る土地や不動産を購入したり、現預金の大きい銀行の定期預金に預け入れるなどです。 また、割戻率の高い貯蓄性保険に加入するというのも運用方法のひとつです。